×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

top.png
menumenumenumenumenu


 

微妙なコードの雰囲気


メジャー、マイナーのコードには明るい・暗いがあるように、
他のコードにも色々なイメージがある。
 
ここでは少し風変わりなコードの一部を紹介する。
曲のアクセントに使うととっても効果的です。
 
 
・あまり聞き心地のよろしくない音
 オーギュメントの要素が入った音は緑、
 トライトーンの要素が入った音は青に色付けしてあります。
 


独特の暖かさがあり、
草花やクッションのようなふんわり感


M7(9)とは逆に、冷たく
クリスタルのような固さ


不安な音ですが、
透明感があり澄んだように聞こえます


少し暗いような、夕方や夜、水の中
 


怪しげで、疑いのあるような感じ
 


安定できる音ではありませんが、
少しだけ清々しさが交じっています


インパクトの強い、虚しさや悲しさ
 


同じ7altですが、m6の要素が入り
少しだけ妖美な音

ちょっと分かりにくいですがデモを用意
コードの移り変わりにキックを置いています。

イメージは筆者が感じ取ったものなので、
他の人には違った印象に聞こえるかもしれません。